病院を有効活用して健康をSupport~長生きしたくば医者頼れ~

死亡率が高い大腸がん

増加し続ける大腸がん

我が国における死因率1位が悪性新生物、いわゆるがんせあることは、誰もが周知の事実である。そのがんの中でも死亡率の高いのが大腸がんである。特に女性においては増加率が高く、怖い病気の一つであろう。そのため、40代に入ると大腸がん検診を受けるようになっており、私の職場の検診でも導入されている。まずは一次検査として便潜血検査をすることが一般的であるが、ここでひっかかってしまうと二次検診として大腸内視鏡検査を受けに行くようになる。がんという病気は早期発見が一番の治療法であり、毎年必ず一次検診を受けることが重要であろう。実際、一次検診でひっかかっていたにもかかわらず、大腸内視鏡検査を軽視していた先輩が先日大腸がんで亡くなった。

大腸内視鏡検査の有用性

私は検査をする職業に就いているが、確かに便潜血が出る理由は様々であり、代表的な疾患として痔というものがある。しかし、思い込みでどうせ痔だろうと勝手に判断して大腸内視鏡検査を受けないことは、自らの命を縮める愚挙であるといえる。亡くなった先輩とは対照的に、大腸内視鏡検査によって早期の大腸がんを発見でき、命に別条がなかった知人もいる。大腸内視鏡検査というと、どうしても身体の負荷も強く、一日中拘束されるという思い込みがあるみたいで、私の周りでもそのような間違った認識のために大腸内視鏡検査を躊躇する人も多数いる。しかし、今日ではその技術や器具は飛躍的に向上しており、約1時間の検査で終了し、その負荷も軽減してきている。これからはもっと進化して、さらに有用性のある検査となるだろう。