病院を有効活用して健康をSupport~長生きしたくば医者頼れ~

放射線治療について

治療の仕組み等について

放射線治療とはがん治療の一つとして行なわれる治療方法の事で、放射線が持つ特徴を利用した治療方法になります。がん治療に用いられる際には、この放射線治療だけを使って治療する場合と、他の治療方法と組み合わせて治療する場合があります。 放射線が持つ特徴としては、細胞分裂に必要な遺伝子に作用するというものがあり、この作用によって分裂を抑制するのです。また、細胞の生まれ変わりを促す作用もあり、これによってがん細胞の消滅や減少等といった効果を現します。 放射線治療を行なうメリットとしては、がん治療に効果的である事、臓器をそのままの状態で維持出来る事等があります。ただ、がんの種類によって効き目や治りやすさに差があるので、その点は治療の段階で慎重な判断が必要です。最近では在宅医療も登場しており、在宅医療でがんを治そうと試みる人の数は次第に増えてきています。主に世田谷区などの一部の地域で在宅医療は行なわれており、特に世田谷区では在宅治療を行っている人の数はとても多いです。

前述したように放射線治療は、がん治療において高い効果を期待出来る治療方法の一つとして、一般的にもよく知られています。具体的な治療方法を簡単に言うと、患部に放射線の照射を行なうという事になるのですが、その照射方法は大きく2種類あります。 放射線の照射方法には、外部照射と内部照射という種類があり、患部の位置や状態等を考慮した上で照射方法を判断します。外部照射とは専用の機械で、体の外側から照射する方法で、内部照射とは放射性物質のカプセルを内服して、体の内側から照射する方法です。どちらか一方の照射方法で治療を行なう事もありますが、場合によっては2種類の照射方法を併用する事もあります。 放射線治療は高い効果を期待出来る治療方法ではありますが、その反面で副作用が起きる可能性もあります。そのため治療にあたっては、担当医師等から詳しく話を聞いて、きちんと納得した上で治療を開始する事が大切です。世田谷区などの一部地域では在宅治療を行うことができる場合もあるので、自分に最も合った治療法を選ぶようにしましょう。